出張や単身赴任など短期滞在におすすめのマンスリーマンションや賃貸物件を紹介している不動産の口コミランキング!

マンスリーマンションの賃料値下げが可能ってホント?驚きの交渉術

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/07/12

マンスリーマンションは長期的な出張だけでなく、研修や受験などの目的でも利用する人がいますが、その際は利用料金を払わなければなりません。

その場合は一人何円という計算になっており、人数が増えると追加料金が発生する形が多く取られています。

 

できるだけ安く部屋を借りるための工夫

実は、マンスリーマンションの利用料はどのシーズンでも同じというわけではなく、そのときによって違っています。

例えばその一つがキャンペーンをおこなっているときで、該当する物件に関しては家賃やその他の費用を期間限定で割り引いてもらうことができるようになっています。そのキャンペーンが適用される条件は物件によって違っており、運営会社が提示している条件を満たしているときに適用される仕組みです。

ではなぜキャンペーンをおこなうかというと、そこにはいくつかの理由が存在しています。まず一つは他者との競合で、 他の物件と比べて安く、そしてお得にすることで自社の物件を選んでもらうように促しているということです。現在マンスリーマンションを扱っている会社は多くなっているので、一社が独占して運営しているというわけではありません。したがって、他者よりも選んでもらえるかどうかで全く家賃収入が変わってしまうこともあるので、キャンペーンをおこなう会社は珍しくありません。

また、賃貸物件にも共通して言えますが、空室となってしまっているとその間は家賃収入が全くない状態です。だから空室をつくるよりはキャンペーンで安く部屋を貸すほうがまだ収入があるのでましだと考え、お得な条件を出して入居者を募集している場合もあります。

とはいえ、キャンペーンはいつでもおこなわれているわけではなく、いつも決まった時期におこなうということでもありません。だから、もしキャンペーンを利用したいというときは、できるだけ物件に関する情報収集をこまめにおこなうようにしましょう。

また、家賃自体はキャンペーン期間中以外にも、実は安めに設定されることもあるというのをご存知ですか。実は、利用者が多くいる時期のほうが家賃が高めに設定されており、それ以外の時期は安めに設定されている状態です。

この場合、2月から4月くらいの時期は入居希望者が多いので、少しくらい高くても入居してもらうことができます。しかしそれ以外の時期だと希望者が少なくなるので、2月から4月よりも少し安めの家賃設定となっています。だから、もし利用する時期を少し変えても問題ないのであれば、少し利用する時期をずらすだけで、家賃を節約できるようになります。

 

値下げ交渉によって安くなることもある

キャンペーン適用や入居時期を変えるなどでも、マンスリーマンションの利用料金を通常よりも安くすることはできます。

しかし、実はそれ以外にも安くする方法があり、その方法の一つが運営会社と家賃交渉をおこなうということです。運営会社自体は、空室が出てしまうとその部屋からは一円も家賃が入ってこないことになってしまうので、できるだけ空室を作らないようにしたいと考えています。

したがって、交渉次第で通常よりも安く入居できる場合もあるので、うまく値下げ交渉をすればお得に入居できるようになります。この場合、交渉としてはいろいろな情報を出すと効果的で、他の運営会社の扱っている似たような物件の家賃を引き合いに出すことも一つの方法です。

そして、どれくらいの家賃に下げてくれるなら、こちらの物件に決めるという形で話を進めても良いでしょう。そこで、うまく値下げ交渉をするために必要となってくるのが、家賃や物件に関する情報収集を適切におこなうことです。

部屋を安く借りたいというのは、決して自分だけでなく、多くの利用者がそう考えていると言っても良いでしょう。ただ、安い金額で貸して欲しいと単刀直入に言っても、はいそうですかと相手が自分の希望額で部屋を貸してくれるわけがありません。この場合は、この地域の賃貸物件の家賃相場をよく理解し、その相場に比べて安いか高いかをまずは知るようにします。

さらにその際に計算しておきたいのが1平方メートルあたりの値段で、その値段をあらかじめ計算しておくと、いろいろな広さの物件の家賃と比較検討しやすくなります。もちろんその数字を持って業者のほうに行けば、家賃が他の物件よりも高いから安くしてほしいと言った感じで交渉することもできます。

 

家賃の値下げ交渉をするときの注意点

マンスリーマンションの場合、上手におこなえば家賃の値下げ交渉をすることももちろん可能となっており、うまくいけば通常よりも安い値段で部屋を借りられます。ただ、全ての物件で値下げ交渉ができるわけではなく、物件によってはできない場合があるので注意しましょう。

通常、新築だったり、ペットと一緒に入居できるなど、他の物件よりも良い条件となっている場合は、なかなか家賃の交渉はできません。やはり、一般的な物件で、ある程度の築年数が経過しているところなどのほうが空室も多く、交渉の余地が残っていると言えます。

また、なんらかのマイナス要素があるかどうかというのも、実は家賃交渉ができるかどうかに大きく関係してくるので注意しましょう。もちろん交渉する場合は、そのタイミングにも注意しておかなければ、うまく話を進めにくくなってしまいます。一般的には申し込む手前のタイミングで交渉をおこなうのが効果的となっているので、その点を理解しておきましょう。

また家賃はその物件の運営会社だけでなく、大家さんがいる場合は大家さんがその金額を決めることになります。だから不動産会社などで交渉しても、すぐに家賃を安くしてもらうことができるわけではありません。不動産会社は利用者と大家さんの間に入って、家賃を下げることができるかどうか大家さんに聞く立場だからです。

またその際は漠然とした感じで安くしてほしいと伝えるのではなく、できれば分かりやすい条件を提示しておくというのもコツだといえます。例えば、何円安くしてもらえたらその物件に入居するというのを伝えたりするということです。もちろん明確な条件を提示すれば100%自分の条件を飲んでもらい、家賃が安くなるとは限りません。

頑張って交渉しても全く安くならなかったりする場合もあるので、その際は諦めてその値段で入居するか、他の物件を探すというのも考えておきましょう。また、明確な条件と言っても、あまりにも法外な値段を下げてほしいと言ったとしても、相手に首を縦に振ってもらうことはできません。相場をよく調べ、妥当な金額だと相手に思ってもらえるような額を提示することが重要です。

 

キャンペーンを利用したりすると、通常時よりも安くマンスリーマンションに入居することができるようになります。また家賃の値下げ交渉も可能で、周りの物件との相場の差とかを調べてうまく交渉できれば、数千円安くすることも可能です。

ただ物件によっては交渉したとしても家賃が安くならない場合もあり、さらに希望額によっても首を縦に振ってもらえない場合もあります。

したがって、実際に家賃の値下げ交渉をおこなうときは、まずはしっかりと情報収集をして、相手に納得してもらえるように準備しておかなければなりません。また希望額は安すぎることはなく、相手がある程度妥当だと考えてくれるくらいの額を提示するというのが基本となっています。

おすすめ関連記事




サイト内検索
東京のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
マンスリーマンションコラム
記事一覧