出張や単身赴任など短期滞在におすすめのマンスリーマンションや賃貸物件を紹介している不動産の口コミランキング!

ここなら1人でも寂しくない?ペット可物件で一緒に生活しよう

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/07/12

暮らしのスタイルは多様化している時代ではありますが、短期間で住むことが目的となっているマンスリーマンションなどでもペット可な物件もあります。

特に独り暮らしを選択する場合にはペットがいることによって、ビジネス終わりで癒しの空間になりストレス軽減をすることができます。

 

短期滞在でも需要がある賃貸物件

短期間の滞在であってもリラックスできる空間にしたいという人も多く、ホテルなどを選ぶよりマンスリーマンションに人気があります。メリットは、滞在費用がホテルに比べると絶対的に安くなり、また気を使わないいつもの生活ができることです。

どのような人に需要があるのかというと転勤や引越し作業の途中など住むところに困る場合や、短期間の受験勉強でも同じように利用する人がいます。そのためにマンスリーマンションでは生活に使う家電などがそろっているので、急な引越しとなってもすぐに移り住むことが可能です。家電で大事なのは食事で使う冷蔵庫や洋服を洗うための洗濯機、またテレビなども備えているので自分の最低限の持ち物だけで暮らしを維持できます。

またペット可のところも増えてきているのは、それだけペットと人間の関係性が密になってきているために、家族の一員として感じている人も少なくありません。特に女性の独り暮らしではセキュリティーの問題もクリアにしておかなくてはいけないのは、外部からの侵入はもちろんトラブル防止にペットは欠かせない存在です。

セキュリティーでは犬がいることによって泥棒を防ぐことができますし、外部から部屋をのぞいていても敬遠をするのが安全に繋がります。また独り暮らしの物件を探すときにも一般賃貸住宅と違って割高であるのは、デメリットというよりもメリットだと捉えることができます。

手軽に入居できるということは、トータルで考えると割高になりかねませんが、隣人に貧困層がいるわけではないので生活の整った人が暮らしていることになります。また物件を探しているときにはマンスリーという条件ですから、長期で住むよりも短く住むことが自分と同じようなライフスタイルだと考えられます。

そうなるといつでも引越しで隣人も替わりますし、同じようにペットを飼っても良いという条件であれば問題なく暮らしをしていける感じです。ユーザーが最適だと感じるようなマンションであれば人気が高いですが、短期間という制約がとても好条件として人気を呼んでいることもストレスフリーな時代といえます。

 

ストレスを解消できて楽しみになる

ペット可のマンスリーマンションが増えている背景には、実はストレスに対する癒し効果があることもわかっています。現代社会の生き方にはさまざまなライフスタイルを確立することができるようになり、田舎暮らしを目的とする人や都会で特定の家を持たない若者まで価値観が広がってきました。

そんな時代の中でペットを飼うという位置は、ただ動物が好きというだけではなく「寂しい」という気持ちにならないように「楽しさ」を重視する傾向があるからです。独身の人の場合、ビジネスでは仕事と家の往復によって生活が成り立っていますが、実際にそんなルーティンに寂しさを感じる人もいます。

アルコールが苦手な人や対人関係では、人との付き合いがあまり好きじゃないという人も理解できる世の中になってきました。それだけにペットがいるということは、人間としての尊厳を守ることに繋がりますし、また寂しさだけではなく自分の必要性が高いということもいえます。それはお世話をしないといけないからで、食事を与えたり散歩が必要な場合もありますし、また一緒に遊んであげることもお世話の内です。

動物を愛することが苦手な人にはわかりにくい感覚ですが、食事を与えるということで「わたしは必要とされている」という気持ちが強くなりますし自尊心も強くなります。小型犬などは散歩も必要になりますので、外に出て自分と一緒に歩を合わせて歩く行為はリフレッシュできる瞬間にもなっています。

短期間というマンスリーマンションの特性を考えると、長くは住むことはないがビジネスの癒しということだとペットとの共有できる時間を作ることはストレス解消になります。ではそんなペットとの暮らしが実現できるペット可という物件には、いったい何が特別備わっているのか気になるところです。

まずマンションでは壁や床が傷つかないように特殊な素材を使っているところが多く、簡単には傷がつかないので安心してライフスタイルを謳歌できます。また一般と違うのは、洗い場もペット用に別に用意しているところもありますので、どのような動物を飼っているのかによって大きく住まいのシステムが変わってくることです。もちろん壁も防音となっている物件もあるために、動物の鳴き声なども気になる人はその辺も注意して探してみることも大事になります。

 

ライフスタイルに合った不動産の探し方

インターネットの不動産情報で物件を探すことはできますが、ペット可という項目でもいろいろな条件で出てくることがあります。まず独り暮らしということをベースとするとペットも大事ですが、使い勝手ということでは日常生活で使うことになる備品や設備は外せないところです。自分の持ち物として持っていくことになる洋服ではクローゼットの広さも気になりますし、人によってはベッドの広さも確認をしておくことになります。

そしてエアコンやIHクッキングヒーターなどそろっているのは助かりますが、実際に故障した場合にはとても困ることも少なくありません。そんなときに早急に対応してくれる物件だと助かりますし、中には24時間体制でトラブル回避をしてくれるシステム管理のところもあります。

また独り暮らしを考えている女性にとって安心できるのは、不動産の担当をしてくれるスタッフも女性が対応をしてくれるところです。女性ならではの悩みもありますし、男性には聞けないようなデリケートな問題も解決してくれることができるので、女性スタッフがいることで安心感が増すのも助かります。

ペット可の物件には自分は守っているがマナーを守っていない隣人がいることもあるので、すぐにスタッフが対応してくれるシステムのところは安心です。個別の場所になっているとはいえ、ベランダに排泄物を放置しないとか共有スペースがあるならば、綺麗にしておかないと臭いに悩まされることになります。

動物の臭いは自分のペットの場合は気にならないが、他人の場合は気になることが多く、隣人トラブルにならないようにスタッフ対応や自分が気をつけることです。お互いに理解を深めてライフスタイルをエンジョイできるのであれば、独り暮らしでも寂しさを感じることなく暮らしが楽しくなります。

 

短期間でも利用できるマンスリーマンションですがペット可という条件になると、探し方を変えていかないといけません。独り暮らしであればセキュリティーなども重要ですし、備え付けられている設備や備品もライフスタイルには欠かせない存在だといえます。そしてペットを飼うことができる安心感があると仕事のストレスも軽減することができますし、一緒に散歩や食事をすることでライフスタイルに張りが生まれてきます。

そんな特殊な環境の物件を探すには不動産を選ばなくてはいけないので、求めているのが女性であれば女性スタッフのいるところが安心です。また隣人トラブルや備品の不備があった場合に24時間で対応してくれるところもありますので、割高でも暮らしをエンジョイするには保証されたほうが安心できます。

おすすめ関連記事




サイト内検索
東京のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
マンスリーマンションコラム
記事一覧