出張や単身赴任など短期滞在におすすめのマンスリーマンションや賃貸物件を紹介している不動産の口コミランキング!

外国人でも滞在可能!外国人の対応が可能なその実態とは?

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/07/12

日本で賃貸物件を探している外国の人の中には、契約までのハードルの高さを感じている人も多いでしょう。

そこで今回は日本における外国人の賃貸探しの現状や、マンスリーマンションなら外国人でも利用できるということについて分かりやすく紹介します。

 

日本における外国人の賃貸探しの現状

外国人が日本において、2年契約などの一般的な賃貸を契約するときは、日本人の場合よりもハードルが高くなってしまうというのが現状です。最近は、すでに日本で生活しているケースについては、日本人と同等の条件での契約が可能なところも増えていると言われており、在日の人であれば利用しやすいという状況もあります。

そのため物件を探すときも、不動産会社に問い合わせて部屋の下見をし、必要な書類や保証人を用意して申し込みをおこなうという流れは基本的に日本人の場合と同じになるでしょう。ただし契約に際して、在留資格の提出が必要になったり、敷金が割増されてしまうといった場合もありますし、国籍によっては入居が断られるケースも一部にあると言われているのです。

次に、今は外国に住んでいて、これから来日するという場合については、在日の人と比べると賃貸契約のハードルはかなり高いものになると言えるでしょう。外国から部屋探しをするときは、当然のことながら物件を直接見学することができないため、不動産会社のウェブサイトに掲載されている写真や、ネット上の地図などで確認するしかありません。

物件について問い合わせをする場合も、メールなどのやり取りで数日かかってしまうこともあるでしょう。そしてようやく希望する物件を見つけられたとしても、住所が外国である場合や、日本人の保証人がいない場合はダメといった理由によって断られてしまうことも多いのです。

 

マンスリーマンションなら利用できる場合が多い

先ほど説明したように、一般的な賃貸を借りようとする場合、特に在外の人にとっては多くの困難があることが予想されます。しかし、これはあくまでも一般的な賃貸の話であり、マンスリーマンションの場合はそれとは事情が違います。

そもそも「マンスリーマンション」というのは、短期間滞在することを前提とした賃貸物件のことであり、2年契約などの一般的な賃貸よりも、入居する際のハードルが低いという特徴があるのです。一般的な賃貸の場合は、敷金や礼金といった入居時に支払わなければならない高額な初期費用がかかりますし、保証人も必要になります。しかしマンスリーのようなタイプの場合は、敷金や礼金が必要ありませんし、保証人を用意しなくてもいいケースも多いのです。

そうした特徴があることから、日本人にとっても利用しやすいサービスなのですが、外国から来る人にとっても便利なサービスですし、実際に賃貸契約ができるケースが多いと言えるでしょう。最近では、外国人をターゲットにしたマンスリータイプの賃貸もあるので、そうした物件を見つけるとより安心して利用することができます。

またマンスリータイプの賃貸は、一般的な賃貸よりも家賃が割高になっている場合も多いので、何年も日本に住むことを考えている場合は、やはり一般的な賃貸のほうがいいという人も多いでしょう。ですがそういう希望を持っている場合も、まずはマンスリータイプの賃貸に住みながら、時間をかけて一般的な物件を探すという方法もあるのです。

マンスリータイプの賃貸は一時的な滞在であるとしても、その住所によって住民票の登録や銀行口座の開設、そして携帯電話の契約などができます。これらのものは、一般的な賃貸で契約をおこなう際に必要なものですし、マンスリータイプの賃貸に住むことでそれを得ることが可能になるのです。

それに、マンスリータイプの賃貸であれば、家具や家電といった生活に必要なものがあらかじめ用意されているため、それらのものを準備する必要もありません。来日して早々に、家具や家電などの生活に必要なものを買いそろえるというのは、まだ右も左もわからないような外国の人にとっては大変なことです。その点マンスリータイプの賃貸であれば、入居したその日から普通の生活を始めることができるので、特に来日したての人にとっては便利でしょう。

さらに、賃貸の部屋に入居する際は、電気やガス、そして水道といったインフラサービスの契約もおこなう必要がありますし、一般的な賃貸ではそれを自分でするのが普通です。しかしマンスリータイプの場合は賃貸契約を結ぶだけで済みますし、自分で個別に契約する必要がありません。

そのため、電気やガスなどのインフラサービスについても、その契約などで煩わされることがないのです。このようなことから、来日したばかりの人にとっては、賃貸契約のハードルが低く、しかも生活に必要なものがあらかじめそろっているというマンスリータイプの賃貸はとても便利なものなのです。

 

マンスリーマンションの契約方法

マンスリーマンションは、一般的な賃貸と比べると契約するときのハードルが下がるため、外国の人でも利用可能な場合が多いということを説明してきました。そこで気になるのは、実際にマンスリータイプの契約をおこなうためにはどうしたらいいのかということです。

まず物件探しについては、インターネット上でおこなうことができるので、もちろん日本国外からも探すことが可能です。最近では、外国の人に向けたページを用意している会社や、ポータルサイトなどがあるので、まずはこうしたサイトを利用してみるとよいでしょう。

ネット上で気になる物件が見つかったら、マンスリータイプの賃貸サービスを提供している会社にメールなどで問い合わせをおこないます。そして住みたい物件を決めたら、申し込みをおこなうことになりますが、契約を締結するまでにはそれほど手間はかからないでしょう。

賃貸サービスの会社とのやり取りは、基本的にメールだけでおこなうことができますし、やり取りにはそれほど多くの日数はかかりません。必要書類についても、一般的な賃貸と比べるとかなり少なくて済みますし、保証人も用意する必要がないケースが多くあります。それに、外国の住所や電話番号でも契約できる場合がほとんどなので、その点も心配する必要はないでしょう。

家賃の支払いに関しては、基本的には前払いをすることになるため、あらかじめ用意しておく必要があります。しかし、一般的な賃貸のように敷金や礼金などで家賃数カ月分の初期費用がかかるということはないので、そこまで大きな負担にはなることはないでしょう。また支払いは、クレジットカードやオンライン決算ができるサービスが利用できる場合が多いため、その点でも便利です。

契約が完了したら鍵を受け取って入居することになりますが、マンスリータイプの賃貸では、会社のスタッフによる入居の立ち合いはおこなわれないのが普通です。そのため来日して実際に入居する際は、会社の店舗で鍵を受け取り、そのあとは自分で物件のあるところまで行く必要があるでしょう。

 

外国人が日本で一般的な賃貸物件の契約をしようとすると、住所や保証人などの問題によってそれができない場合が多くあります。しかしマンスリーマンションであれば、外国の住所でもいい場合や保証人不要の場合も多いので、契約が可能なケースも多いと言えるでしょう。

実際の契約については、メールでのやり取りだけで済ませることができて便利ですし、一般的な賃貸のように敷金や礼金といった費用がかからないため、初期費用を少なくできるというメリットもあります。

おすすめ関連記事




サイト内検索
東京のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
マンスリーマンションコラム
記事一覧