出張や単身赴任など短期滞在におすすめのマンスリーマンションや賃貸物件を紹介している不動産の口コミランキング!

延長するのに知っておきたいマンスリーマンション情報

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/09/06

マンスリーマンションは短期間滞在するタイプの賃貸ですが、延長が必要な場合にできるのか疑問に思っている人もいるでしょう。

そこで今回は、一般的な賃貸との違いや延長は可能かどうかということ、そして延長する際の注意点について紹介していきます。

一般的な賃貸との違いを理解する

まずは一般的なマンションやアパートなどの賃貸物件との違いを説明します。一般的な賃貸は、2年契約などの長期間住むことを前提としたものになりますが、マンスリータイプのものは1カ月や数カ月などの短期間だけ滞在することが前提となっています。

そして一般的な賃貸の場合は、2年などの契約期間が来ると自動で契約更新されるケースが多いですし、契約終了後に次の入居者が決まっているということは通常はありません。しかしマンスリータイプの場合は、入居期間をきっちりと決めて契約する仕組みになっているケースが多いので、契約期間が終了した後に、すでに新しい入居者が決まっていることがあります。

例えば、Aさんが1カ月だけマンスリータイプの賃貸を利用する契約をしている場合、その契約終了後すぐにBさんが住むことが決まっていることもあるということです。これは、マンスリータイプが短期間の滞在を前提としたものなので、できるだけ空き室になる状態を避けるために、次々と入居者を確保したいといった動機があることがその理由になっているのでしょう。

いずれにしても、マンスリータイプの契約というのは、一般的な賃貸のように自動更新されることはないということを知っておくとよいと言えます。

契約期間を延長することは可能なのか

マンスリーマンションは短期滞在が前提ですし、一般的な賃貸と契約の仕組みが違いますが、結論から言うとマンスリータイプでも契約の延長をすることは可能です。サービスの運営会社も、長く滞在してもらったほうが新しい入居者を確保する手間もかからないため、歓迎すべきことだと言えます。

基本的には、必要な手続きをおこなうことで元々の契約期間よりも長く滞在することが可能になります。特に次の入居者がまだ決まっていない場合は、手続きをすることでそのまま同じ部屋に住むことができて便利でしょう。しかしすでに次の入居者が決まっている場合は、残念ながら同じ部屋に住み続けるということはできません。

そうした場合でも、今住んでいるところからできるだけ近くにある、似た間取りや設備の部屋を紹介してもらえることもあります。その場合は引越しが必要になりますが、一般的な賃貸と違って家具などの大きな荷物を運ぶ必要はないため(家具などが備え付けになっているため)、そこまで大変な引越しにはならないでしょう。

そしてマンスリータイプの場合は、契約終了後も住みたいという問い合わせが運営会社にくることも多いと言われています。ビジネスマンが短期赴任で利用する場合は、仕事の都合上、いつまで滞在することになるか分からないというケースもあるでしょう。

そのため、サービスを提供している運営会社も、そうした要望に対応するために独自の工夫をしているところもあります。例えば、先ほどの短期赴任のために利用する人の場合は、できるだけ次の入居者の予約を入れないようにするといった工夫がおこなわれていることもあるのです。

では、実際に延長したいという場合はどうしたらいいのかというと、マンスリータイプの場合は、契約の手続きを再度おこなうことが必要になります。そのため手間がかかってしまいますが、最初に契約をしたときに必要書類の提出などをすでにおこなっているので、手続きは、最初のときよりも簡略化されたものになるでしょう。

そして、運営会社に延長の問い合わせをするタイミングについては、できるだけ早いほうがよいと言えます。なぜかというと、早い段階で問い合わせると、まだ次の入居者が決まっていない可能性が高くなり、そのまま同じ部屋に住み続けられる確率が高くなるからです。そのため、利用期間を延ばさなければならないことが分かった時点で、すぐに運営会社へ問い合わせたほうがよいと言えるでしょう。

延長をおこなうときに知っておきたい注意点

マンスリーマンションの契約は、再度手続きをおこなうことで延長することが可能ですが、その際に注意しておきたいこともあります。

まず挙げられる注意点は「利用期間が延びる可能性があるからといって契約期間を長めに取るのはやめておいたほうがよい」ということです。マンスリータイプでは、自動更新がないため、さらに長く住みたい場合は手続きを再びおこなう必要があります。ですので、その手続きが面倒に感じて、あらかじめ長めに契約期間を設定しておこうという人もいるかもしれません。

しかしマンスリータイプの場合は、賃料を前払いしなければならないケースが多いですし、契約期間より短い期間しか利用しなかった場合でも、その分の返金がないケースが多いのです。例えば、2カ月間住むという契約をしていて1カ月半しか住まなかった場合でも、実際には利用していない半月分の賃料が返ってくるわけではないということです。

一般的な賃貸では、日割り計算がおこなわれるので住んだ日数分だけ家賃を支払うことができますが、マンスリータイプの場合はそれができません。そのため、たとえ面倒であっても、確実に利用することが決まっている期間だけ契約したほうがよいですし、必要に応じてその都度手続きをしたほうが損をしないで済みます。

また契約期間より長く利用する可能性がある場合は、そのことをあらかじめ運営会社側に伝えておくと、何らかの配慮をしてもらえる場合もあると言えるでしょう。その他の注意点としては、再度手続きをおこなうのに「手数料」がかかることや、「清掃費の差額」を支払わなければならないことが挙げられます。

マンスリータイプの場合は、契約期間を延ばすために再度手続きをおこなう際に、手数料がかかることが多いと言われています。期間を延ばす可能性がある場合は、その費用がどれぐらいかかるのかということを、あらかじめ運営会社に確認しておくことが大切です。もう一つの「清掃費の差額」というのは、契約期間ごとに決まっている清掃費に関することになります。

マンスリータイプでは清掃費というものを支払わなければならないことが多いのですが、例えば、1カ月未満の清掃費が1万円で、1カ月以上3カ月未満が1万5千円だったとします。そうすると、初めに1カ月未満で契約していたものを2カ月に延ばすと清掃費も増えてしまうため、当初の清掃費との差額である5千円を支払う必要があるということです。

こうしたことは、最初に契約をおこなうときに説明があるかもしれませんが、利用する前に知っておくと、説明の意味がよく理解できるのではないでしょうか。そしてこうした費用も必要になるということを考慮しておくと、お金の計画も立てやすくなるでしょう。

 

マンスリーマンションは、必要な手続きをおこなうことによって当初の契約期間よりも利用期間を延ばすことができます。ただし次の入居者が決まってしまった場合は、同じ部屋に継続して住むことができないため、同じ部屋に住み続けたい場合は早めに問い合わせをするようにしましょう。

また注意点としては、手続きの手間を省くために契約期間を長めに取らないほうがよいことや、手続きには手数料がかかること、そして清掃費に関する費用も必要になることが挙げられます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
マンスリーマンションコラム
記事一覧