出張や単身赴任など短期滞在におすすめのマンスリーマンションや賃貸物件を紹介している不動産の口コミランキング!

東京での一人暮らし体験にマンスリーマンションがおすすめの理由

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/26

大学への進学や就職がきっかけで、東京での一人暮らしを始める人は多いのではないでしょうか。しかし急に一人暮らしを始めるのは、本人もご両親心配しているというケースが多いです。

そんなときは、期間を区切ってまずは一人暮らし体験をしてみましょう。そして、それにはマンスリーマンションを利用することがおすすめです。

東京で一人暮らしをするのにかかる家賃と費用!

東京の家賃とはとても高いのだろうな、というイメージが先行していませんか。実際に日本の中でも有数に高いですが、東京の中でもその家賃の相場は様々で、家賃は一概にこの金額と断定することはできません。

例えば、東京23区で最も家賃相場が安いエリアは葛飾区や足立区ですが、このエリアは交通の便が悪く都心部へ行くには乗換が必須です。反対に交通の便が良く、周辺が繁華街である港区や中央区の家賃相場は葛飾区や足立区の倍以上の金額が設定されています。

しかし一人暮らしの方に多いワンルームと1Kに絞り、全体をならして平均を出すと7~8万円程度であることが多いようです。地方だとこの金額で3LDKなどの広い物件が借りられることも多いので、やはり東京の家賃は高いと言わざるをえません。

家賃の他にも、東京は物価も当然高めです。食費や生活必需品に対する費用が意外な大きな出費となって家計にのしかかってくることとなるでしょう。そうなるとやはり、固定費である家賃を安く済ませることが東京で上手に一人暮らしをするコツと言えそうです。

マンスリーマンションで一人暮らし体験してみよう!

一人暮らしを急に始めるのは、自分もご両親も不安に思っていませんか。そんなときは、マンスリーマンションで気軽に一人暮らし体験をお試しでしてみましょう。一人暮らしに必要とされる家具が既に全部揃っているので、明日からでも住むことができます。敷金と礼金も不要で、必要なのは契約料と清掃料だけの場合が多いです。

一人暮らし体験を開始してみると、意外な注目ポイントにたくさん気づきます。音漏れが気になるから鉄製の部屋にしたいとか、ゴミ捨て場は数メートルでも近い方が良いとか、上階に住んでいても足音が気になってしまうというものです。その他にも、宅配ボックスや自転車置き場など、生活に必要とされる隠れた設備に気づくきっかけになるでしょう。

また、一人で生活するにあたって家事をこなす大変さにも気づくはずです。そんな家事の負担を減らすために必要な家電を検討する手がかりになります。自分にはどんな家電で家事を効率良くこなすことができるか、よく考えてみてください。一人生活体験で、色々勉強してみましょう。

マンスリーマンションの良いところ!

単純に普通の賃貸物件と比較してマンスリーマンションの家賃は高めですが、それには理由とメリットがあります。  まず一般に部屋を賃貸すると敷金と礼金が大きな金額として発生しますが、マンスリーマンションには、これらの高額な費用は発生しません。

初期費用として契約料と清掃料がかかりますが、敷金と礼金に比べたら圧倒的に安いです。1ヶ月にかかる家賃は高くなりがちですが、その中に水道代と光熱費が含まれているのでその差額が丸々もったいない、というように一概には言えないです。

そして、家具が揃っているので明日からでもすぐに住み始められるということです。家具を揃えるというのは、引っ越しの大きな手間と負担になります。その上、使ってみたらやっぱりこんな機能がついている家電にすれば良かったとか、もう少し小さめのソファでも良かったとか、不満が出てくるのはありがちなことです。

一人暮らし体験をする中で、こんな家電を使ったら便利そうだとか、家具の大きさはこれぐらいで十分快適だとか、そういう点もチェックしておくようにしましょう。些細な点であっても、毎日の生活には大事なこととなります。

女性一人でも安心して住むことができる?

一人暮らしの女性が物件を探す際に忘れてはいけない重要なポイントが安全性です。自分が借りようとしている物件には防犯設備が整っているのか、しっかりと調べるようにしましょう。

マンスリーマンションは普通の賃貸物件に比べて入居者が短期間で入れ替わることが多いです。そのため、ドアの鍵は一般的な金属の鍵ではなく、暗証番号による電子ロックタイプの部屋が多くなっています。前の入居者が同じ鍵を使ってドアを開けられるということはないので、安心できそうです。

加えてマンションの入り口にオートロックシステムを採用しているマンションがほとんどですが、念のため設備が整っているか入居する際には確認しましょう。カギの閉め忘れやピッキングの心配が少なくなります。

多くのマンションでは、セキュリティを越えて施設内に不審者が侵入しようするのを監視カメラが確認すると、すぐに警備会社の警備員がかけつけてくるようになっています。

女性が安心して住めるマンションが多くあるので、様々な物件を見て確認してみてください。

マンスリーマンションの必需品とは?

家具や設備が入居する時点ですべて整っているのが大きな魅力のマンスリーマンションですが、では逆に入居時には何を持って行けば良いのでしょうか。

意外と忘れがちなのが、バスタオルです。何もかも揃っているイメージだからホテルのような気分で行ってしまうと、シャワーを浴びた後にとても困ることになります。必ず2~3枚揃えて行くようにしてください。

テレビなどの家電は一通り整っていますが、炊飯器やポットなどの調理家電はついていません。電子レンジは設備されているマンションが多いです。運営会社によっては炊飯器やポット、食器などの調理に必要な家電や道具を有料オプションでつけられる場合があります。自炊する頻度に合わせて、オプションをつけるのかまたは家電などを持ち込むのか検討しましょう。

使い慣れた枕などの寝具も持ち込んだ方が良いでしょう。寝具はレンタルできるマンションがほとんどですが、1ヶ月以上の期間安眠を保つためには、自分が普段使い慣れているものを使う方が無難です。慣れない生活での疲れを癒すためにも、寝具は持ち込むことをおすすめします

マンスリーマンションのデメリット

マンスリーマンションはいくつかのデメリットもあります。  何よりのデメリットは、一般の賃貸物件と比較して家賃が高いことです。家具が整っているので家賃が高いのは致し方ないとは言えますが、長期滞在には向いていないと言えます。

しかし、一般の賃貸物件を契約する際の、敷金礼金や解約時の違約金などを踏まえて1ヶ月で計算すると、3ヶ月ぐらいであればマンスリーマンションの方が安い金額になります。

家具家電は既に設備されているのが便利なポイントですが、その種類は選ぶことができません。基本的にマンションについているものを利用することになります。何か家電についてこだわりがある人は、その家電を持ち込むようにしましょう。

また、マンスリーマンションは内見できる物件が少ないです。入居者の入れ替わりが早く、すぐに入居できることが魅力であるため、内見のための時間を提供できないケースが多いからと考えられています。業者によっては内見させてくれる場合もあるので、ホームページなどをよく見て選定するようにしましょう。

 

マンスリーマンションには、普通の賃貸物件にはない魅力やお得なポイントがたくさんあります。特に、東京での一人暮らしをスタートする人が、お試しで一人暮らし体験するには便利なところが多いです。

長期で住む部屋を決める前に、まずは短期間マンスリーマンションで生活してみて、自分の生活に必要なことを探ってみることがおすすめです。

おすすめ関連記事




サイト内検索
東京のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
マンスリーマンションコラム
記事一覧