出張や単身赴任など短期滞在におすすめのマンスリーマンションや賃貸物件を紹介している不動産の口コミランキング!

【人事・総務向け】マンスリーマンションの効率的な利用方法

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/27

東京のマンスリーマンションといっても、利用方法にはさまざまな形が存在しています。例えば利用方法の1つとしてあげられるのが単身赴任や長期の出張時などの滞在先です。1ヶ月の出張で毎日ホテルに泊まるよりも、マンスリーマンションを利用したほうが滞在費を安くできます。

集会室や会議室にも利用できるマンスリーマンション

オフィスの中に会議室などの設備がない場合には、別にカンファレンスセンターなどを借りる必要が出てくるかもしれません。ですがカンファレンスセンターなどを借りるためには、お金がかかるので困っているということもあるでしょう。そのような場合であれば、東京でマンスリーマンションを利用するのも1つの手です。

カンファレンスセンターをレンタルよりも、集会室や会議室のために適したスペースを確保することにつながります。マンスリーマンションは暮らすための設備なので、集会室や会議室には向いていないと思っている方もいるでしょう。実際にはそのようなこともなく、集会室や会議室のための設備を備えた物件も存在しています。そのような物件を選ぶことで、用途に合わせた形で利用しやすくなります。

さらに長期の契約にすることで、使う度にレンタルしなくていいというメリットもあげられます。ホワイトボードやモニターなどの設備を置いたままにもできるので、会議のための準備の手間が省けるというのもポイントの1つになります。

展示会の宿泊先などにも活用が可能!

展示会が多く開催されることで、東京に頻繁に社員が行く機会が多いという企業も多くあるかもしれません。もしも展示会が開催されるたびにホテルなどの宿泊先を手配していたら、手間もお金もかかってしまいます。そこで経費の削減を考えていくために、マンスリーマンションを確保しておくのも1つの手です。

定期的に展示会などが開催されるとき、交代で社員が東京に行くのであればマンスリーマンションを契約しておくことで経費を削減して滞在先を確保することにもつながります。さらに海外から研修生などを招く機会があるなら、その時の滞在先として選ぶのも選択肢の1つです。ほかにも社員寮や社宅として利用するケースも見られます。

目的に合わせてさまざまな形で活用することができるので、それぞれのケースに合わせて使っていくようにしましょう。物件の特徴を理解して活用することによって、より良い形で利用することにもつながります。ただし滞在日数が高いとホテルのほうがお得なこともあるので、シミュレーションを行ったうえで検討することも大切です。

社員の長期の出張などでも利用が可能!

社員の長期出張などがある場合には、一般的な賃貸物件を借りようかと考えていることもあるでしょう。そのようなときに注意が必要になるのが、一般的な賃貸物件だと家具や家電を購入して搬入する必要があるという点です。

一時的な社宅として利用するのであれば、家具や家電を購入するのには手間もお金もかかってしまいます。手間やお金を節約するために、東京のマンスリーマンションの利用を検討するのも1つの手です。

長く社員が使う可能性がある物件なら、買い上げても元が取れると考える方もいるかもしれません。間違いなく長い間使う可能性がある物件という場合なら、長く使うことで元が取れる可能性もあります。しかし使用する期間がはっきりとしていないのであれば、買い上げてお金を使うよりもマンスリーマンションを選んだほうがお得の可能性が高いのです。

実際に社宅などの形で利用するのであれば設備面のチェックも欠かせません。物件ごとに条件には違いがあるので、状況に合わせた形で適切に利用できるようにすることが大切です。

法人割引があるのもポイントの1つ

東京でマンスリーマンションを利用するといっても、家賃の問題が気になるということもあるでしょう。企業が社員の出張などで利用したい場合のポイントの1つが、法人利用の場合には割引になるケースもあるという点です。法人の利用で割引などの待遇が受けられることによって、お得に利用できる可能性が高いのです。

実際に法人で契約するときには、専用の窓口を利用することも可能です。専用の窓口を利用することで、担当者についてもらってスムーズに手続きを進めることにもつながります。  また法人の利用だと優遇される制度の仕組みは、契約する会社などによっても異なります。

そのため利用を検討するのであれば、条件を比較することも忘れないようにしましょう。契約する会社ごとの優遇制度に注目することで、よりお得な形で利用することにもつながります。ただし法人の利用で割引になるといっても、契約戸数などに左右されることもあります。そのような条件も含めて確認し、少しでも良い条件で契約して経費を削減できるようにしましょう。

利便性が高い場所なのもポイントの1つ

東京でマンスリーマンションを選ぶメリットの1つが、便利な場所に位置している可能性が高いという点です。もしも会社の寮などを都内の立地の良い場所に作ると、高い経費が必要になります。一方でマンスリーマンションの場合には、最初から好立地の場所にあるケースが多いのです。好立地の場所で経費も多くはかからないので、余計なお金を使いたくないという場合にも適しています。

さらに東京でマンスリーマンションを利用するメリットの1つが、手続きも簡単で管理などの必要がないという点です。企業が都内に寮を構えると初期費用だけではなく、管理する人を雇う必要があるなどの負担も増えます。そこでマンスリーマンションを選ぶことで、自社で管理する必要はありません。

またマンスリーマンションは、その日から使えるというのもポイントの1つです。家具や家電がそろった状態から住み始められて、電気や水道もすぐに使えます。その日から住める状態になっているからこそ、急いで契約する必要があるという場合でも安心して利用が可能です。

総務の負担も減らせる選択肢にも注目

実際に契約を考えているものの、手続きが面倒などのイメージを持っている方もいるかもしれません。東京以外に本社がある会社だと、契約のために総務などの出張が必要だと思っている方も多くいます。

ですが実際には、手続きはオンラインと書類の郵送などの形で行うことが可能です。オンライン上のものと書類の郵送のみで終わらせることができれば、手続きのために総務が出張する経費を節約することにつながります。

また契約後の家賃の入金も、振り込み入金で終わるので現地にいく必要がありません。総務部や管理部の負担を減らしたうえで、社員の臨時の滞在先に利用できる設備をお得に利用できるようにしましょう。

1つ忘れてはいけないのが、このような物件にはさまざまな選択肢が存在しているという点です。都内だけでもさまざまな物件の候補があるので、利用条件に合わせて選択することが大切です。自社の状況に合わせた物件を選んでいくことで、より良い形で利用することにもつながります。契約するときには、インターネット環境やセキュリティの問題も忘れずに確認しましょう。

 

会社の会議室だけではなく、東京へ長期出張する社員の滞在先などさまざまな形で利用ができる物件です。もちろん経費削減にもつながる選択肢なので、状況に合わせて利用を検討するようにしましょう。家具や家電もついている物件なので、初期費用を節約できるというのも特徴の1つです。またオンライン上と書類の郵送のみで手続きが完了するので、総務の負担も減らせます。

おすすめ関連記事




サイト内検索
東京のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
マンスリーマンションコラム
記事一覧