出張や単身赴任など短期滞在におすすめのマンスリーマンションや賃貸物件を紹介している不動産の口コミランキング!

総務や人事の方必見!マンスリーマンションの法人契約はいろいろお得!?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/09/09

マンスリーマンションは1ヶ月単位で借りるタイプのマンションですが、現在では1日でも借りることができるようになってきています。

一般的には個人で契約するというイメージがあるものですが、実は法人でも契約することができるということをご存知ですか。

お得な料金で利用することができるようになる

例えば、社員の出張・研修・転勤が多いところの場合は、自社が所有する物件を社員に利用させるということも多々あるでしょう。しかし自社が所有する物件の場合、その物件は会社の資産ということになるので税金の対象ということになります。利用しようがしまいが所有している間は毎年税金を払い続けなければならないと言うことになってしまいます。

また、自己所有の建物の場合は、その建物のメンテナンスをおこなうのは所有者の義務なので、メンテナンス代も発生してしまいます。だから自己所有の物件は誰かに貸してもらう必要はないのでいつでも利用することはできますが、その反面維持費がどうしてもかかってしまうという面もあるのです。

もちろん賃貸の物件を利用したり、ホテルに宿泊するという選択肢もありますが、この場合、物件の種類によっては短期間の利用が難しい場合もあります。またホテル自体は宿泊費が時期によっては高額になってしまうこともあり、結果的に自社の支出を増やしてしまうことにも繋がりかねません。

研修や出張のための部屋を用意するというのは会社の責任ということもできるので、このような出費は致し方ないと考えても良いでしょう。しかし節約できるところは節約するというのも、非常に重要なことだと言えるのではないでしょうか。

その点マンスリーマンションは1ヶ月単位とか、1週間単位という形で利用することができる物件です。通常のマンションで、さらに家具家電などが用意されている状態なので出張などでも利用することはできます。

敷金礼金が必要ないので、その費用の節約にもなるだけでなく、自己所有ではなく借りている物件なので税金の対象とはなりません。もちろん借りている間の料金だけを払えばよく、利用していないときの料金まで払う必要は全くありません。そもそもたくさんの部屋を借りる場合、運営会社の方で料金割引サービスを展開している場合もあります。

したがって、一部屋を借りるときよりもより一層お得な値段で部屋を借りることができるというメリットがあるといえます。マンスリーマンションは個人で利用するときにもお得な利用料金で部屋を借りることができるのですが、それは法人契約でも同様です。

だから、ホテルや宿泊施設を利用するよりも、よりお得に部屋を利用することができるので、マンスリーマンションの法人契約はおすすめです。

手軽に利用することができるようになる

自分の会社で社員が利用するべき物件を所有している場合、どうしてもメンテナンスが必要となってしまいます。その物件の規模によっても違いますが、たくさんの部屋を所有すればするほど管理が大変になってしまうのは簡単に想像できるのではないでしょうか。

もちろん自分たちで掃除とかの管理も全ておこなっても問題はありませんが、仕事以外に管理業務も加わってしまうとかなり大変です。それを外部の業者に委託すれば、自分たちでいろいろと掃除やその他の管理をする必要はなくなりますが、業者を利用する費用を払わなければなりません。

だから、ときにはその費用が高額になってしまって、会社の支出の多くの部分を占めてしまう可能性だって出てきます。つまり、物件を所有していることによって、支出が増えてしまう可能性がかなりあるということになります。マンスリーマンションを利用するときも、契約期間中は利用している部屋を掃除したりする必要はあります。

ただ中にはクリーニング費用が含まれている物件もあるし、何より掃除といってもそれほど大規模なものではありません。だから、自社でいくつもの物件を所有しているときよりも、実は管理費用が安く済むというメリットが、マンスリーマンションの法人契約にはあるといえます。

いろいろな手配や手続きをしなくても利用できる

例えばホテルを利用する場合は、その宿泊先を探して、さらに予約をしたりしなければならず、結構面倒です。もちろん宿泊の予約だけをすれば良いというわけではなく、担当者は別の仕事も抱えている状態です。

だから、自分の業務以外に宿泊施設の手配という業務も加わってしまうので、結果的に多くの手間がかかってしまう可能性も否定できません。また自社の物件を所有している場合は、その管理を誰かがしなければならないことになります。外部業者に依頼して綺麗に清掃作業をしてもらったりすることはできますが、その手配をするのは自社の社員です。

この場合も、宿泊施設を手配するときと同じように、自分の業務以外に清掃業者の手配などをしなければならないことになってしまいます。しかしマンスリーマンションの法人契約をしておけば、その物件が必要なときに業者に簡単に物件を紹介してもらうことができます。

鍵の受け渡しなども必要ですが、鍵の管理も運営会社の業務なので、自分たちの会社の方でなんとかする必要はありません。退去するときも一般的な賃貸物件を退去するときのようにいろいろと立ち会ったりする必要もなく手軽です。

さらに利用の際にガスや水道、電気などの利用申し込みをする必要もないし、その利用開始時などに立ち会う必要ももちろんありません。面倒なことは頼まなくても全て運営会社の方でおこなってもらえるので、自分たちの会社の負担を最小限に抑えることにもつながります。

また、自社で物件を管理している場合、その管理している人が転勤したり退職した場合は、仕事の引き継ぎが必要となります。その扱っている物件の数によっても変わりますが、ときにはかなりたくさんの情報を引き継いでもらわなければならないことにもなりかねません。

しかし法人契約なら情報の管理などは全て運営会社の方でもおこなっているので、担当者がもし変わったとしても引き継ぎは非常に簡単にできるというメリットがあるのです。したがって手軽に利用できるだけでなく、担当の人の負担を最小限に抑えることもできるので、マンスリーマンションの法人系やくは非常にメリットがあるといえます。

 

マンスリーマンションは契約している人の数だけの利用料金を払えば利用できるシステムとなっています。法人契約をする場合は一部屋でも可能ですが、まとまった数の部屋を借りるということでも決して不可能ではありません。

その場合、まとめて契約することになるので運営会社の方で割引サービスを適用してくれる可能性があります。また自社の所有ではないのでメンテナンス費用もいらないし、税金ももちろん発生するということはありません。

さらにホテルのように手配する必要もなく、管理はすべて運営会社の方にお任せの状態にしたとしても問題はないのです。だから、研修や出張などのために部屋を借りることが多い場合は、ホテルや賃貸物件を利用しても良いのですが、マンスリーマンションのほうが料金的にもお得な場合が多くなっています。

おすすめ関連記事




サイト内検索
東京のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
マンスリーマンションコラム
記事一覧