出張や単身赴任など短期滞在におすすめのマンスリーマンションや賃貸物件を紹介している不動産の口コミランキング!

結婚準備におすすめ!?同棲のスタートは2人揃ってマンスリー

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/07/12

首都圏で賃貸マンションに住むにしても初期費用もかかりますから、そうした費用もかからないマンスリーマンションを選んでみるのもおすすめされています。

マンスリーという月単位での暮らしは同棲するカップルにはどんな効果があるものでしょうか。

 

家具家電付きというように生活がスムーズにできる

結婚準備に同棲してみたり、新居への引越しにおいては仮住まいが必要になることもあるでしょう。そんなタイミングで、マンションやアパートの賃貸契約を締結するより、おすすめなのがマンスリーマンションです。

その名のとおり、月単位で契約が交わせる賃貸住宅です。同棲をスタートさせるなら、更新させる賃貸契約でもいいのではないのか、そうした声もあるでしょう。しかし1度は結婚(婚約)を決めたものの、性格があわない、自信がなくなったなど、決意が揺らぐこともあるかもしれません。正直な気持ちをじっくり話しあえる場所、2人の将来を話しあう、一緒に生活するのであれば予行練習にもなります。

家のことだけでなく、お金についてチェックすることさえできます。首都圏に建ち並ぶマンスリーマンションは、敷金・礼金・手数料が不要な場合も多く、利用料金もクレジットカードから簡単に支払いができます。将来設計をもとに、生活費をどうするか、貯蓄はどうおこなっていくか、こうした内容も明確化できます。

自宅は賃貸でいいのか、それとも持ち家を購入するのか、場所や予算、戸建てかマンションかなどについても十分話せる時間がつくれます。同棲中に、もしかすれば転勤を命じられることもあるかもしれませんが、月単位での契約ですから、退室もスムーズにおこなえます。

何かと便利なのがマイカーですが、首都圏に建ち並ぶマンスリーマンションの多くは、主要駅近くに建っています。いずれ、賃貸マンションを選ぶにしても、思い切って自動車を持たない生活を選択できる機会にもなるでしょう。

月単位での更新ですから、気に入れば同棲生活を続けることが可能です。1Kからお部屋も用意されていたり、主要駅近くの場合には分譲マンションをマンスリー用として提供しているケースもあり、ホテルのように広いお部屋、間取りへ移ることも容易にできます。

また、外食を減らし、家で料理をする、そうした結婚生活を意識する場合にも、家具・家電付きのマンスリーマンションを利用することができます。最新の設備・機器が採用されているのも魅力で、32型の液晶テレビ、エアコンや冷蔵庫、ドラム式洗濯乾燥機なども設置されていますから、家事をこなす女性には嬉しい特典でしょう。もちろん、外食したいのなら、飲食店も目白押しにあり、商業施設なども利用できます。

 

入居や退室も面倒となる手続きはなし

さらに、ロケーションもウリです。高層マンションであれば、夜景も楽しむことができます。圧倒的な拠点価値を誇る、こうしたハイグレードなデザイナーズマンションに住むことさえできます。日当たりや騒音の量など、環境にも配慮されています。マンションだから、エレベーターで移動もラクですし、オートロックや防犯カメラも設置されていて、女性1人の在宅も安心できます。

また、コンシェルジュルームや宅配ボックスの利用もできるので、短期のみならず、中期滞在から長期滞在にもおすすめです。結婚を意識するならば、少しさきのことも考えながらなら、必要な家具・家電もリストアップしなければなりません。マンスリーマンションでは、有料にはなりますがオプションも充実しています。

最初は、必要最低限の家具・家電から2人の生活をスタートさせ、必要なものを徐々に足していくことができます。あれこれ買いすぎない、こうしたメリットがあります。広いお部屋は魅力ですが、家具・家電がない分、広く見えているだけ、というパターンもありますから、ぜひ家具・家電付きのマンションを選びましょう。

また、結婚の準備が整ったあとには、退室しなければなりませんが、管理は業者がおこなっているので、ハウスクリーニングサービスが提案されています。賃料に光熱費、清掃料というように料金設定も不明瞭さがありません。面倒となる掃除をすることもなく、忘れ物がないようにして退室できます。退室のみならず、入室するまでの流れも簡単です。

 

エリアを絞ることで憧れる街で暮らしを体験

まずは問い合わせですが、希望のお部屋・利用期間・利用人数によって空室のチェックがおこなわれます。もちろん、人気のあるマンションならば、予約者も多くなりますから、キャンセル料が発生しないところもありますから、まずは予約を確定させておきましょう。

申込書はファックスまたはメールにて送付してくれますから、必要事項を記入して返すだけです。内容をチェックし、簡単な審査のあとは予約を確定し、契約書類の返信や必要費用の入金をするだけです。先払い方式はホテル宿泊と似ており、鍵を受け取ることができて、入居という流れになっています。

マンスリーマンションでは、光熱費も賃料に含まれていることが一般的で、2人1日あたり1.500円が相場といったところです。光熱費には管理費も含まれているので、別途、費用のあれこれというトラブルも少ないようです。また、キャンペーンなどを活用することも一法で、2ヶ月以上の長期利用で賃料を割引することや、早期予約割などでお得に利用することもできます。

よく、自由が制限される話しを耳にしますが、決して住みづらいというものではありません。それでも、移り住むことができる、お試しができるのは月単位での契約のウリではないでしょうか。戸建てにしてもある程度の制限はありますから、制限の質の問題と考えるのがよいでしょう。

マンスリーマンションならば、共同生活の要素が強く働きます。2人の同棲生活も同じですが、マナーをめぐるトラブルは生活音、私物の放置などさまざまです。同棲生活を体験しておけば、結婚や転居による手続きなども見えてきます。

ライフラインを例とすれば、携帯電話やインターネットプロバイダー、それぞれ契約している会社も違いますが、インターネットの接続料を含むか別途なのか、チェックしておきましょう。ガスは閉栓と開栓の連絡が不要ですが、立ち会いがなければできないこともあるので、事前に問い合わせておきましょう。

新居をどこに設けるのか、いずれはそうした話しも出てくるかもしれません。そうしたときにも、住んでみたいエリアを自由に選べるのは魅力でしょう。そうした選び方を業者に相談することさえ気軽にできます。

 

結婚準備には、同棲してみることがおすすめされています。どんな2人でも、1つ屋根の下で生活するため、生活してから気づくこともたくさんあるでしょう。

マンスリー契約ができる、こうしたホテル暮らしのようなスタイルの新生活を体験することもできます。2人揃ってマンスリーマンションである程度生活してみれば、将来設計にも繋がるようです。

もちろん、家賃もリーズナブルですし、家具・家電付きというマンションもたくさんあります。憧れるエリアに絞ってみたり、デザイナーズマンションなど、通常ならば家賃も割高となるマンションにお試しで暮らすことさえできます。

家のことを話しあう、こうした将来性も2人で語らいあうこともできるため、おすすめされています。

おすすめ関連記事




サイト内検索
東京のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
マンスリーマンションコラム
記事一覧