出張や単身赴任など短期滞在におすすめのマンスリーマンションや賃貸物件を紹介している不動産の口コミランキング!

マンスリーマンションだからと怠けちゃダメ!キチンと掃除をしよう

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/09/02

マンスリーマンションは、基本的には1ヶ月単位でマンションの部屋を借りるシステムとなっています。現在では家具家電が付いており、色々と設備も充実していることから注目を集めている状態です。

しかしわからないことも多く、利用する前にこれはどうなっているのだろうか、どうすればよいのだろうかと迷ってしまうことも少なくありません。

マンスリーマンションを掃除する必要性

その部屋でどれだけ過ごすかとか、どういう行動をとるか、荷物がどれだけあるかとか何を使うかでも部屋の汚れ具合は変わります。

ただ、マンスリーマンションの場合は家具家電が付いていることはよく知られていますが 、清掃用具がついているかどうかはわからないという人も多くいます。家電のラインナップを見てみると、業者によっては掃除機が最初から付いているということも決して少なくありません。

また、ホウキなどの清掃用具があらかじめ用意されていることもあり、その場合はそれらを使って掃除することは可能です。では掃除はすべきなのかしなくても良いのかというと、実はマンスリーマンションに関しては、ほとんどの運営会社で入居者が掃除をする前提となっています。

だから、部屋に掃除機が備え付けてあればそれを利用して綺麗にすることもできるし、ホウキがあればそれを使っても構いません。もちろん定期的に大掃除を自分でする必要はなく、今までおこなってきた毎日の掃除程度でも十分だと言って良いでしょう。

また、自分ではなかなか綺麗にすることができない、時間がないという人は、家事代行サービスを利用することができるようになっている場合もあります。この場合、運営会社の方でそのサービスを展開している場合もありますが、外部の業者に依頼することも可能となっている場合があります。

ただ、そのマンションの形式によっては入居者自身が掃除する必要はなく 、運営会社の方で清掃業者に依頼してくれる場合もあります。このように掃除に関してはその業者によっても大きくルールが違っている場合があるので、契約する前にどうなっているかを確認しておくと良いでしょう。そうすれば自分で清掃できないというときでも、十分衛生状態を守ったまま生活できる物件が見つかるはずです。

掃除機が用意されていない場合もある

一般的にはマンスリーマンションには生活を送る上で必要な家具家電が用意されている状態となっています。ただ、物件の中には残念ながら掃除機やホウキなどの掃除道具が備え付けられていない場合も十分あり得ます。では、掃除道具が一切ない場合はどうすれば良いのでしょうか。

原則的にマンスリーマンションの部屋の掃除はそこに入居している人がすることになっています。自分が借りている部屋は自分で定期的に掃除をして、ある程度綺麗な状態を保たなければなりません。とは言っても、物件によっては全く何も用意されていないという場合も実は珍しいわけではありません。

その場合、入居者は自分で掃除をするために掃除機を持ち込んだり、他の掃除道具を持ち込んだりして対応することになります。マンスリーマンションはたしかに家電もそろっていますが、自分が今まで利用していたものを持ち込んではいけないというわけではありません。

だから、自宅で使っていたものをその物件まで持ち込み、そこで利用して掃除することも十分できるようになります。また、ホウキだけが用意されているということもありますが、その人の掃除のやり方によってはどうしても時間がかかってしまうこともあり得ます。だから、もし手軽に掃除したいというのであれば、是非掃除機を持ち込むようにしましょう。

またその際は大型の物を利用しても問題ありませんが、物件の広さによってはハンディサイズでも十分ということも少なくありません。また掃除機は自分で購入して持ち込むこともできますが、物件によってはレンタルが可能となっていることもあります。1ヶ月あたり格安で利用できるシステムとなっているので、余計な荷物を用意したくないときは、レンタルを活用すると良いでしょう。

もちろん、全く掃除をしないという選択肢もないわけではありませんが、これは短期間そこに住むだけであれば可能なことだと言えます。1ヶ月、2ヶ月と住み続けていくと、かなり埃がたまってきてしまうので、こまめに掃除をしましょう。

全く掃除をしないまま引っ越すことは可能か

マンスリーマンションの場合、基本的にはそこで暮らす人が清掃するというのが前提となっています。ただ、短期間の生活であれば全く掃除をしないという人も実際にいるので、中には長期的に暮らしても自分が平気なら掃除しなくても良いと考える人もいるのではないでしょうか。

ただ、この考え方に関しては、もしかしたらトラブルが起きてしまうこともあるので、少々注意が必要です。そもそも賃貸の物件を退去する場合は、自分が借りる前の状態に戻しておくというのが前提になっています。

だから、できる限り部屋は綺麗な状態にしてから待機するのが当たり前だと言っても決して過言ではありません。これは、退去時には原状回復するというのが入居者の義務となっていることが大きく関係しています。だから、埃だらけの床になっているとか、壁がべたついている、カビだらけになっているような状態は綺麗にしてからあけ渡さなければなりません。

もちろん退去後にはクリーニング業者が入るので、100%入居時の状態に戻せなかったとしても問題はありません。しかしできる限り綺麗にしておくというのは、部屋を貸してもらっている側のマナーと言っても良いでしょう。ちなみに、その汚れによっては簡単に取り除けないものもありますが、その場合は特殊なクリーニングが必要となることもあります。

つまり通常の清掃では対応できないので、結果的に追加料金を請求されてしまうこともあるので注意しましょう。住宅の汚れ自体はそれほど頻繁に掃除をしなくても、定期的に洗剤とかを使って綺麗にすれば結構取り除くことができます。

また今ではいろいろなお掃除グッズが用意されているので、それらを使えばなかなか取れなかった汚れもするっと取り除いて綺麗にできる場合もあります。

ただ汚れ自体は放置しておくとこびりついてしまい簡単には取り除けなくなってしまうことも珍しくありません。ですから、自分の所有物ではなくいつかは引っ越す部屋ではありますが、なるべく綺麗な状態を保つためにも定期的に掃除をしておきましょう。

 

マンスリーマンションの掃除に関しては、そこに住む人がおこなうというのが基本になっているので、入居したら定期的に掃除しましょう。道具が備わっている場合もありますが、全く用意されていないときは自分で持ち込んだりしても問題ありません。また忙しい人は清掃業者に掃除を依頼したりすることもできるようになっているので、できるだけ綺麗な状態を保ちましょう。

特に長期間滞在する場合、埃だけでなくカビやシミなどができてしまうこともあるので注意が必要です。入居者には原状回復の義務があるので、退去時は綺麗な状態にしておかなければならないことになっています。

もし綺麗になっていない場合は特殊なクリーニングが必要となるときもあり、その際は追加料金が請求される可能性もあります。汚れ自体はこまめに掃除すれば簡単に取り除けるので、いずれ退去するのがわかっていても定期的に掃除をして綺麗な状態を保ちましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
東京のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
マンスリーマンションコラム
記事一覧