出張や単身赴任など短期滞在におすすめのマンスリーマンションや賃貸物件を紹介している不動産の口コミランキング!

マンスリーマンションの途中解約はこれに注意!事前に知ってトラブル回避

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/09/02

マンスリーマンションのように1日単位で部屋を借りることができる物件は登場してからまだ日が浅いものの、近年とても人気がある物件です。生活に必要な家財や家電がすでにひと通りそろっているということもあり、出張などで中期的に滞在する人が良く利用しています。

ところでこのような物件の契約を途中で解除することは可能なのでしょうか。

マンスリーマンションを途中解約は可能なのか

マンスリーマンションのように短い期間で部屋を借りるような賃貸物件の場合、あらかじめ何日から何日まで部屋を借りるのかについて決めてから賃貸契約を結ぶことがほとんどです。所有している側の立場で考えてみるとわかりますが、効率よく家賃収入を得るためには切れ目なく入居者が部屋に存在している必要があります。

あらかじめ借りる期間を決めておけば現在入居している人が部屋を退去するときが近づいてきたらすぐに新たに入居者を募集し、空室である期間を少なくすることができます。ですからこういった物件を借りる側はあらかじめ先のスケジュールを予測し、借りている期間中は突然退去するようなことがないと確信を得てから借りる場合がほとんどです。

しかし先のことはだれにもわかりませんから、やむを得ない事情によって契約期間中に現在借りている部屋を途中で退去しなければいけないという事態に陥ることもあります。マンスリーマンションのような短期契約の賃貸物件は途中解約に対して対応をしてくれるのでしょうか。

結論から言えば運営している業者によって対応して食えるかどうかはマチマチです。途中で退去することが可能かどうかについては必ず最終的に契約を結ぶことになる際に確認することとなる規約に必ず記載してあるので事前に確認することが可能ですし、物件を探しているときに不動産業者に問い合わせればすぐに答えてくれるでしょう。

途中で解約できるかどうかを確認することだけにとどまらず、わからないことは何でも聞いてみることがトラブルを回避するための最善の方法です。

とはいえ、短期間で急に入居するような状況の人ですから、例えば会社から急な呼び出しがあって契約期間の途中で退去しなければいけないという状況になることも十分想定できるので、そういった場合の対処方法もあらかじめ定めている業者がほとんどですし、契約をするのであれば途中で退去しても対応してくれるような業者の物件を契約しておいたほうが無難でしょう。

また、契約をする際に特に重要なことについてはこちらが確認し忘れることがないように契約をする前には重要事項説明としてその物件を所有またはい扱っている人から説明することが義務付けられています。

もし説明を受けていないのであれば業者側に重大な過失があるということになるので、説明を受けていないことを証明できるのであれば途中で退去をする際の交渉を有利に進めることができるでしょう。

途中で退去する際の処置は業者ごとに異なる

途中で退去することになった場合はどういった処置がおこなわれるのかについて確認しておきましょう。

実際に途中で退去することになった場合の処置も業者によってマチマチなのであらかじめ規約を確認することがベストですが、マンスリーマンションのような短期的に借りる物件を契約する際の手続きとして頭に入れておいてほしいのが、契約期間を先に決めておくと同時にその期間必要となる家賃も入居する際に先払いをすることがほとんどです。

ですから途中で退去する場合の金銭のやり取りとして想定できるのが、部屋を利用しなかった機関のお金を返してもらえるのか、逆にやむを得ない事情とはいえ契約を違反することとなる違約金が発生するかのどちらかになります。これについても規約を確認するのがトラブルを避けるための最も良い方法です。

通常の賃貸契約のように支払った賃料を日割り計算してくれて残った分を返金してくれる業者もありますし、返金には一切応じないような業者ももちろん存在しますし、規約にあらかじめ定めてあれば返金しなくても違反行為にはなりません。

とはいえ、業者によってはケースバイケースで対応してくれるようなところもあり、入居者の勝手な都合による途中退去の場合は返金に応じてくれなかったとしても、会社の都合や家庭の都合などでやむを得ず途中退去せざるを得なくなった場合には利用しない分の家賃を返金してくれるときもあります。

柔軟な対応をしてくれる業者かどうかはあらかじめ口コミなどをチェックしておくとよいでしょう。

違約金に関しても業者ごとに規約で定めているはずなので、規約を確認する置いたほうが良いですが、例えば通常の契約ならば途中で解約をしても違約金が発生しない業者でも、キャンペーン期間中を利用して通常よりも安い値段で部屋を借りた場合は途中で解約すると違約金が発生するなど、その部屋の契約状況によって変化することもあります。事前に質問をして確認を取っておくのが一番確実です。

トラブルを避けるための対策は2つある

以上のように、あらかじめ規約を隅々までチェックしておくのがトラブルを避けるためには最も良い対策なのですが、それ以外にも途中で解約をした際にもめることがないようにするための対策をとることができます。

1つ目は契約を結ぶときに契約期間をあらかじめ短く設定しておくという方法です。途中で契約を解除することは部屋を貸している側にとってはあまり喜ばしいことではありませんが、借りる期間を延長することに関してはよほどのことがない限り快く応じてもらえるでしょう。途中で解約する可能性があるかもしれないと考えている人は短い期間で借り、契約期間が近づいたら延長を繰り返すという方法で退去時のトラブルを回避できます。

2つ目はさまざまな事態に柔軟な対応をしてくれる良心的な業者で契約をするという方法です。規約に一定期間を超えた場合の途中退去の申し出に関しては残っている家賃を返金すると記載しているような業者は比較的良心的といえるでしょう。

また、先ほども少し触れましたが気になる業者があればその業者に関しての口コミを事前にチェックしておくようにすると、その業者の実際の評判を知ることができます。

 

マンスリーマンションなど短期契約の賃貸物件の途中解約に関しての処置は業者ごとで異なるので、契約をする前にかならず途中で契約を解除することは可能なのか、解約した場合の残りの家賃や違約金の取り扱いはどうなっているのかについて必ず確認を取っておきましょう。

途中で退去する際にトラブルを引き起こさないための対策としては短い期間で借りるようにする方法や、柔軟な対応をしてくれる良心的な業者を選ぶという方法があります。ネット上には不動産業者についての口コミが記載されているサイトもあるので、そういったサイトで評判をチェックしてみるのも有効です。

おすすめ関連記事




サイト内検索
東京のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
マンスリーマンションコラム
記事一覧