出張や単身赴任など短期滞在におすすめのマンスリーマンションや賃貸物件を紹介している不動産の口コミランキング!

ホテル暮らしよりも快適?出張時にはマンスリーの利用がおすすめな理由

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/11/01


東京出張に行くときにはとりあえずホテルを予約するという人も多いでしょう。しかしホテル暮らしをするのが本当に最も快適な選択肢なのでしょうか。マンスリーマンションやウィークリーマンションも滞在方法として選択肢にすることができます。ホテル滞在に比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。

両者の決定的な違いはどこにあるのか

東京出張のときにホテル住まいをするのとマンスリーマンション生活をするのとではどこに決定的な違いがあるのかをまず知っておきましょう。

ビジネス目的で利用するホテルではベッドと机、風呂とトイレ程度がある小さな部屋が提供されるのが一般的です。テレビとインターネット、小型の冷蔵庫や電子レンジは配備されているのが通例で、他にズボンプレッサーや空気清浄機などを利用できるようになっていることもあります。

しかし、キッチンがないので料理をすることはできず、冷蔵庫も飲み物を冷やす程度です。洗濯機もないのが一般的で、必要ならホテルに依頼してクリーニングに出すか、コインランドリーを使用しなければならないでしょう。クローゼットも用意されていてハンガーが数個あるのが通例ですが、たくさんの衣類を収納できるようなタンスが用意されていることはほとんどありません。

基本的に部屋の仕様も決まっているので変更することはできず、何か手を入れてしまうと翌日には元通りになっているのが一般的です。これは毎日清掃員が入ってベッドメイクやごみ処理、清掃などをしてくれる仕組みになっているからです。

これに対してマンスリーマンションでは家具や家電がそろっている点では同じで、ライフラインも入居する時点で既に整っています。しかし、部屋に入った時点で明らかな違いをまず見て取ることができるでしょう。

ビジネスホテルは極めて狭い部屋の中にベッドなどが押し込まれるようにして配置されている場合がほとんどです。ところが、もともとマンションとして作られている物件なので玄関があり、寝室が広めに作られていて、さらにキッチンやリビングなども整っています。グレードによってはワンルームのこともありますが、それでも十分に広いスペースが確保されているので家でくつろぐことができるでしょう。

設備面ではキッチンと洗濯場があるのが特徴で、特に長い出張の場合には役に立ちます。外食ばかりで過ごしていると辛くなってくることも多く、自炊できる環境があるのは魅力的だと感じる人も大勢いるのです。フライパンや鍋などもそろっているので特にキッチングッズを用意する必要もないでしょう。料理は苦手だという人も冷凍食品を買ってきて温めて食べたり、アイスなども買って保存しておいたりすることができます。

一方、洗濯場と洗濯機が常備されているので、いつでも気軽に衣類を洗濯して干すことが可能です。仕事前に洗濯して干しておくことも、休みの日に洗濯するのも自由で、自分なりのライフスタイルを作り上げられます。

家事はやりたくないという人の場合でもホテルでやってくれるのは部屋の清掃程度なので、必要に応じて洗濯は自分でやらなければなりません。そのための設備が部屋の中にそろっているので生活しやすいのです。このようにして考えると、両者の違いとして決定的なのは今までと同じような生活を送りやすいかどうかです。

どちらも滞在をするうえで最低限必要なものはそろっていますが、ホテルでは生活に必要なものが全て整っているわけではありません。料理や洗濯などの家事をすることも含めて全てがそろっているのはマンスリーマンションなのです。ホテルはある意味ではホテルマンによる手厚いサービスを受けられるVIP的な滞在になり、普段よりもリラックスしにくい状況が生まれてしまうこともあるでしょう。独立した空間で自分なりの生活を送っていける点で優れているのがマンスリーマンションです。

ホテルマンとの関係も確認しておこう

生活のしやすさという点では両者にかなりの違いがあります。清掃をしなくて良いというのはホテルのメリットですが、日中はクリーニングのために部屋を開けるのが原則です。休日は仕事がないからゆっくりしたいという場合もあるでしょう。その場合にはクリーニングを断ることはできるものの、廊下を清掃員が行き来していて昼間は騒々しい状況になりがちです。

その点でマンションなら清掃員が入ることもなく、休みの日なら周りの部屋の滞在者も休んでいるか、あるいは休日返上で仕事をしているかなのであまりうるさいこともないでしょう。また、ホテルと違ってフロントが設けられていないのでホテルマンに気遣いをする必要もありません。

仕事帰りが遅くなったり、同僚や出張先の人と飲みに行ったりして深夜過ぎに帰ってくるような場合もあるかもしれません。その際にフロントを呼んで鍵を受け取るといった手続きをすることは不要で、預かっている鍵ですぐに自分の部屋に直行できます。外出のときも同様で逐一フロントで手続きをする必要がないので気軽に生活できるでしょう。

魅力的な理由はコストや利便性にもある

ホテルとマンスリーマンションではコスト面にも違いがあり、ホテル暮らしよりもマンションのほうが良いと考える人が多い理由ともなっています。一泊だけの場合にはホテルのほうが安いこともありますが、滞在期間が長くなるほど一泊あたりの価格が下がるのでマンスリーを使ったほうが安くなるのが一般的です。

ホテルにグレードがあるのと同様に、マンスリーにも仕様の違いがあって同じ立地であっても価格には違いがあります。考え方を変えれば、生活水準に応じて適切なグレードの部屋を選べるという点でも優れています。高級ホテルの部屋よりもずっと広くて設備が充実しているところを選べるので、高級志向の人も満足できるでしょう。

利便性に関してもどちらが劣っているということはありません。主要駅の周辺にはかなりの数のホテルもマンションも林立している一方、主要路線沿いの郊外にも物件が豊富にあります。郊外に行けば行くほど安いというのも共通している点ですが、物件の豊富さという点ではマンスリーが優れているのが通例です。

ホテルに比べて利用が浸透していない影響で、繁忙期であっても直前に予約を取れることも珍しくありません。都心部であってもかなり空き部屋が見つかる時期が多く、急な出張で滞在先を見つけられるかが心配だというケースでも安心できるでしょう。

 

東京に出張に行くときにはホテルを予約してしまいがちですが、マンスリーマンションも候補に挙げてみるのが大切です。部屋の仕様や設備には違いがあっても、ホテルに比べて普段に近い生活を送ることができます。

ホテルと同様に最低限の身の回り品だけ持っていれば生活を始められるのは同じで、ホテルマンへの気遣いなどもする必要がないというメリットもあるのが特徴です。基本的にはホテルよりも部屋が広々としているので、休日や夜には広い部屋でのんびりと過ごせるようにしたいという気持ちがある人には快適な滞在手段でしょう。

東京では物件の候補数も多いので、グレードや立地、宿泊費などを加味して納得できる物件を探しやすくなっています。滞在期間が長くなるほど一泊あたりのコストはホテルよりも安上がりになる点も魅力なので前向きに検討してみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
マンスリーマンションコラム
記事一覧