出張や単身赴任など短期滞在におすすめのマンスリーマンションや賃貸物件を紹介している不動産の口コミランキング!

短期出張や長期の転勤なら…マンスリーマンションを利用してみよう!

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/27

東京への出張のときにどこに宿泊したら良いかで悩むことはよくあります。また、期日が決められている転勤の場合には住む場所をどうするのがベストかといろいろと比較検討する人もいるでしょう。

その問題になる点を考慮したうえで、マンスリーマンションの活用を検討してみましょう。

短期出張や長期転勤における滞在方法の悩みとは

一日や二日の出張であれば東京であってもビジネスホテルに滞在する人も多いでしょう。一般的には社内規定で国内出張のときに出してもらえる宿泊費用の上限が定められていますが、東京は物価が高いので郊外に宿泊したり、カプセルホテルを使ったりしないと足が出てしまうことも少なくありません。

一日か二日なら少し足が出てしまっても良いと考えることもできるでしょう。しかし、一週間の出張ともなると、たとえ一泊千円の負担であっても六千円にも上ってしまいます。また、一日か二日程度だったらカプセルホテルでも我慢できるという人もいるかもしれません。それも一週間くらいになってしまうとだんだんと疲れが溜まってしまい、仕事にも悪影響を及ぼしてしまうリスクがあるでしょう。

このような短期から中期の出張では何とか安く泊まれる方法を探したいというのはもっともなことです。社内規定上、全額が支給される形になっていたとしても、滞在費用をできるだけ安くして無駄な経費をかけないようにするというのも社員としては重要な考え方になります。他に安くて納得できるような滞在期間にできる方法があれば選択したほうが良いのは確かです。

一方、長期の転勤では住まいをどうするかがかなり大きな問題になります。例えば、三ヶ月間の滞在になるというときにホテルで生活したら会社にかかるコストがかなり大きくなってしまうのは明らかです。このような場合には許可が下りないことも多く、別の形で住まいを探すことになります。

しかし、賃貸物件を借りようとすると膨大なお金がかかってしまうのも事実です。家賃はホテルに比べたら安くなるものの、家賃の相場も高いので決して安くはありません。それに加えて初期費用としてクリーニング代や鍵交換費用、火災保険料なども負担することになります。

そして、生活をするためには家具や家電を始めとして、キッチン小物や各種消耗品を一通り購入することが必須です。他にも賃貸物件を借りる期間は二年ごとの更新になっているのが通例で、途中で退去すると解約手数料がかかることもあります。

家賃や初期費用、解約手数料などは経費で支払ってもらえることも珍しくありません。しかし、大抵は家具や家電、生活用品などは自腹になってしまうので大変な出費になるのは明らかでしょう。費用面でそれほど大きな問題がなかったとしても賃貸物件を手配して生活を始めるにはかなりの労力がかかります。

仕事をするうえで支障のない立地を選び、間取りなども生活水準をあまり落とさないで住むようにしつつ、社費で賄ってもらえる家賃範囲に収めようとすると比較検討が必要です。慎重な人は事前に内覧に行って良し悪しを見極める場合もあるでしょう。その後の生活の立ち上げにもライフラインの手配をしたり、入居手続きや住民票の移動などをしたりするなど、かなりの労力負担があることは否めません。

賃貸物件は退去に関する問題も発生し得るのが問題点で、戻るときには原状回復のために数日を費やさなければならない場合もあります。このような問題点があることを念頭に置いて滞在方法を選び出すことが重要です。

解決策としてマンスリーマンションが有用

短期滞在や長期転勤における悩みを解決できる方法として有力候補になるのがマンスリーマンションです。マンスリーマンションは数日から一年くらいを目安にして滞在したいという人のために提供されている定期借家物件で、希望に応じて滞在期間を決めることができます。ホテルとは違って毎日部屋の清掃が入ることはありませんが、賃貸物件のように自由に料理や洗濯などをしながら独立した生活を送ることが可能です。

一般的には冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなどの通常必要とされる家電は常備されています。家具についてもベッドやタンス、テーブルや椅子などの一般家庭にあるものは一通りそろっています。鍋やフライパン、茶碗などのキッチンアイテムや、トイレや風呂の掃除用具などもそろっていることが多く、少量であればトイレットペーパーなどの消耗品も最初から用意されていることがあるのも特徴です。

衣類などは置いていないので身の回り品は持っていく必要がありますが、カバン一つで入居したらすぐに生活を始められるでしょう。ライフラインについても特に手続きをする必要はなく、インターネットまで完備されているのが標準的になっています。

このように充実したサービスになっていると滞在費用が高いのではないかと懸念する人もいます。確かに賃貸物件を借りるのに比べると高めですが、ホテルに比べるとかなり安いというのが通例です。

期間が長くなると一日あたりの費用が安くなる仕組みになっていて、数日の滞在ならカプセルホテルのほうが安かったとしても、一ヶ月も滞在するとマンスリーマンションのほうが安くなるでしょう。退去の際にも特に手間がかからないのも魅力的なポイントです。

入居時にクリーニング代を支払う形になっていて、原状回復は最低限の範囲でおこなってあればトラブルになりません。持ち込んだ家具や家電、身の回り品などを持ち出してしまい、最低限の清掃さえしていれば大丈夫なのです。

備品が壊れていたり、あまりにも汚れが酷い状況になっていたりする場合には別途費用を請求されることもありますが、基本的には原状回復トラブルが発生しない仕組みになっています。

このように入居のときも滞在中も退去のときもほとんど手間がかからないので、東京に滞在するうえでは魅力的な方法です。

東京での滞在なら選択肢が広くて便利

マンスリーマンションはもともと単身赴任をする人の滞在場所を提供する目的で生まれてきたという歴史があります。単身赴任で本社で働くというようなケースは昔から多く、東京には無数のマンスリーマンションがあるのが現状です。主要駅だけでなく郊外にも物件があるので、仕事をするうえで都合が良い場所を選んで滞在できるでしょう。

マンションの仕様についてもグレードに違いがあり、安心して住めるハイセキュリティーのマンションから、コストパフォーマンスを重視した安価なマンションまで多岐にわたっています。経費の都合との兼ね合いも考えて合理的な選び方ができるでしょう。このような選択肢の広さがあるのは大都会である東京ならではのことなので、滞在するときには積極的に活用しましょう。

 

東京に数日から数週間程度の短期出張をするときにはホテルでは高いと感じてしまいがちで、帰ってくることがわかっている転勤のときにも期間が半端な場合には賃貸物件を借りるのが大変だと思われてしまうのが通例です。

コストと労力のどちらを考えてもホテルに滞在したり、賃貸物件を借りたりするのがあまり合理的ではないときには、マンスリーマンションが有力候補になります。身の回り品だけあれば生活を始められる仕様になっていて、ライフラインや家具、家電などの心配をする必要はありません。退去のときにも原状回復トラブルが起こりにくいので安心できる滞在方法でしょう。

費用的にも一日あたりで考えると賃貸物件よりは少し高く、ホテルよりは安いという水準になっているのでコストパフォーマンスが高い選択肢です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
マンスリーマンションコラム
記事一覧