出張や単身赴任など短期滞在におすすめのマンスリーマンションや賃貸物件を紹介している不動産の口コミランキング!

マンスリーマンションの契約には連帯保証人は必要ないってホント?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/09/09

マンスリーマンションでは、連帯保証人が必要ないということが宣伝されているケースが多くありますが、実際はどうなのか知りたい人も多いしょう。

ここでは、入居審査に関することや、実際に連帯保証人は必要なのかどうかについて説明します。

そもそもなぜ入居審査がおこなわれるのか

一般的に賃貸物件というのは、入居するときに審査がおこなわれますし、それにパスしないと部屋を借りることはできません。入居に際しておこなわれる審査というのは、この人物に部屋を貸しても大丈夫かどうかということを、貸主である大家さんが判断するためのものです。

そのため大家さん側が何か不安に感じることがある場合は、貸してもらえないケースもあると言えるでしょう。入居者にとって審査というのは、実際に部屋を借りるための1つのハードルになりますが、大家さんにとってはとても重要なことです。大家さんの立場に立てば、家賃を滞納したり、隣室の人とトラブルを起こしたりしそうな人に部屋を貸したいとは思わないでしょう。

ですから入居の際は、そうしたリスクをできるだけ少なくするために、収入がどれぐらいあるのかや、どんな人柄なのかということがチェックされるのです。また審査に必要な書類としては、入居者自身の収入証明書や印鑑証明、そして同じく連帯保証人の収入証明書や印鑑証明と、同意書といったものがあります。

しかし、これらの必要書類は不動産会社によっても変わってくる場合があるため、どんなものが必要になるのかということは事前に問い合わせをするなどして確認しておくようにしましょう。入居審査で必要になるものとしては、書類だけではなく「連帯保証人」というものもあります。

これはどういうものかというと、滞納した家賃や、部屋を破損した場合の修理費用などを入居者が支払えない場合に、代わりに支払う責任がある人という意味のものになります。つまり入居者と同等の責任を負う人ということであり、非常に重い責任を負う立場にあるということが言えるでしょう。

ですので、経済力がしっかりしているということが重要な条件になりますし、一般的には、入居者の両親や兄弟、そして親族といった身内に頼むケースが多くなります。入居者にとっては面倒なことなのですが、人生というのは何があるか分からないため、万が一の事態に備えて、入居者の代わりに保証してくれる人を立ててもらう必要があるということです。

また最近では、その代理をしてくれるサービスを有料で提供してくれる保証会社というものもあります。そのため、頼める身内がいないという場合でも、こうした保証会社のサービスを利用することで、入居審査をパスすることも可能になるということが言えるでしょう。

マンスリーマンションにおける入居審査

一般的な賃貸物件の入居審査は、先ほど説明した通りですが、マンスリーマンションの場合は少し事情が違ってきます。このタイプの賃貸というのは、一般的なものと比べて入居期間が短いということもあり、審査そのものがあったりなかったりすることがあるのです。

入居審査がおこなわれないケースでは、滞在期間の家賃が前払いされているため、家賃が滞納されるリスクがないという考え方があると言われています。一般的な賃貸物件の場合も、1カ月分を前払いするという慣習があるので、前払いが必要になるという点では同じです。

ただし一般的な賃貸では、多くの場合何年も住むことになりますが、その年数分の家賃を一度に支払うということはありません。しかしマンスリータイプの場合は、短期間で部屋を退去する前提での契約になり、すでにその分の家賃を前払いしているため、家賃滞納は起こり得ないというわけです。

そのため、こうした理由から入居審査そのものをおこなわないというマンスリータイプの賃貸も存在します。ですが、これはあくまでも貸主側の都合や利便性によるものであり、入居者にとってはデメリットになってしまうこともあるのです。入居審査がおこなわれないということは、隣にどんな人が住むのか分からないということでもあります。

ですので、あまり素行が良くない人が隣に住む場合がありますし、そのことによって何かしらトラブルが起きてしまうこともあり得るでしょう。その点、入居審査がおこなわれるところであれば、入居者の人柄などもチェックされるため、比較的安心して住むことができるということが言えます。

もちろん、入居審査がある場合は、一般的な賃貸と同じように書類を用意するなどの手間がかかってしまいますし、場合によっては審査に落ちてしまうこともあります。急いで部屋を探す必要がある場合は、審査があるところよりも、ないところのほうが便利だと言えるでしょう。

しかし時間に余裕がある場合や、先ほど紹介したようなリスクを避けたい場合は、入居審査があるところを選んだほうが安心できます。

マンスリーマンションには連帯保証人が必要なのか

一般的な賃貸物件に入居する際は、連帯保証人を立てる必要がありますが、マンスリーマンションの場合は、それが不要なケースも多くあります。マンスリータイプの場合は、家賃滞納のリスクが基本的にないため、それを入居者に代わって保証する人も必要ないという考えがあるのでしょう。

一般的な賃貸物件の場合は、滞在期間中の家賃(数年分)をまとめて支払うわけではないため、家賃滞納のリスクが常にあると言えますが、マンスリータイプの場合はそれがありません。それを保証する人も不要ということになりますし、入居者にとっても、わざわざそうした人を用意する必要がないというメリットがあると言えます。

そのため、保証してくれる人が見つからないという場合や、人に頼む手間を省きたいという場合にそうしたところを選ぶと便利でしょう。特に年齢が高い人は、身内の中に頼める人がいないという場合が多いですし、それ以外にもさまざまな事情によって頼める人がいないという場合もあります。

こうした人にとっても、マンスリーマンションというのは魅力のある賃貸物件になっているのです。しかしこのような不要なケースにも、実は入居者側にとってデメリットになってしまうことがあるのです。

例えば、自分が入居している部屋の上の階に住んでいる人が水漏れを起こしてしまい、そのことで電化製品がダメになるなどの被害を受けたとします。この場合は、水漏れを起こしてしまった上の階の人が損害を弁償することになりますが、その人が弁償するためのお金を用意できるだけの収入や貯金がないケースもあるでしょう。

こうした状況で連帯保証人がいれば、そちらに弁償額を請求することもできますが、いない場合はそれもできません。万が一のことを考えれば、保証してくれる人が不要な物件よりも、必要な物件のほうが入居する側としても安心することができるのです。

そのため、連帯保証人を用意できる場合は、それを必要としたり保証会社の利用が求められる物件を選んだほうが無難だと言えるでしょう。

 

入居審査というのは、収入や人柄をチェックすることにより、その人を入居させても問題ないかどうかを判断するためにおこなわれます。マンスリーマンションでは、この入居審査や連帯保証人が必要な場合と不要な場合があり、不要なケースは、審査の手間がかからないなどのメリットがあります。

しかし不要なケースは、どんな人が住むのか分からないということや、別の入居者から被害を受けた場合の弁償がスムーズに受けられない場合があるなどのデメリットもあると言えるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京のマンスリーマンション賃貸業者ランキング!
第1位 アットイン
アットインの画像
マンスリーマンションコラム
記事一覧